ゼンハイザースキーなのでie100pro、ie300と所有していますが2023年1月に発売されたばかりのie200はどうなんでしょうね。音質は?ie100proやie300に比べてどう違うの?どれを購入すればいいのか?レビューしていきたいと思います!

sennheiser ie200のレビュー総集編をまとめ記事にしました!
詳しくはこちら⇒https://audiocolumn.com/manga/1637/

■開梱!

箱はいつもの感じです!
開梱です。ie100proやie300と違ってケーブルがアミアミ線です。これ、気になっていたんですよねー。

■ie200さんオーディオ擬人化(当サイト名物)

『manotch』ie200さん、こんにちは!

sennheiser ie200さん

『ie200さん』ど、ど、どうもこんにちは。manotchさん、購入有難うございました。所でどうして購入して下さったんでしょうか?

『manotch』それはもう、モンハンに例えると太刀の属性を全部揃えたいというか。

『ie200さん』な、何を言っているか分かりませんが・・・。あ、あの、所でわたし人間のような絵が描いてあるんですが。

『manotch』そうそう、最近のブームでオーディオ擬人化してみたんだ。何か親しみがわくかなと思って。

『ie200さん』それはありがとうございます!嬉しいです。所で何でおふとんに寝ている絵なんでしょうか?

イメージが布団だった!

『matnoch』いやー、聴き疲れしない感じだし長時間のリスニング向けかなと思って寝ホンというイメージにしようかなと思ったのですよ。

『ie200さん』そ、そうなんですか。ie100proさんもie300さんもあるのでどうしようかなと思ったんですが。

『manotch』そうですね、やっぱりイヤホンなのでまずは携帯して散歩に出かけてみましょう。装着感はどうかな。

『ie200さん』やっぱり、ふとんからでるんでしょうか。

『manotch』はい、お願いしますね。

『ie200さん』な、何か布団から出たくないような。うわー。

ずぼっ!!(布団から出る音)

左からie100pro+spinfit w1、ie200、ie300です。こうして並べてみると違いが良く分かります。

■耳に付けてみた装着感

耳に付けてみた装着感ですが、ie100proやie300の時は結構遮音性が高いなと思ったのですがie200はあれ?遮音性がそこまでないような少し開放っぽい感じがしました。イヤーピースはノーマルモードのポジションなので開放状態ではないのですが気のせいでしょうか。イヤホンの筐体はie300と同じ感じです。ie100proは少し筐体が大きいので装着感はie200やie300の方が付けている感じが小さくて良いです。

ie300とie200を並べてみました。筐体は同じ形状に見えますがie300の方が触った感じが固そうな感じです。ie200はie300のようにきらきらが入っていないです。リケーブルは出来る様ですがsennheiserさんのMMCX端子は互換性が独自のため良く分からないです。onsoさんのバランス接続ケーブルは所有していますが接続できるのだろうか・・・。調べておきましょう。ここは何とかしてほしいですが。

■ie100proとie200のポーチ比較

左がie100proの付属ポーチ、右がie200の付属ポーチです。並べるとie200の方が微妙に大きいんですよね。ie100proのポーチは結構いいと思いますがサイズが丁度すぎてie200付属ポーチくらいの方がケーブルが入れやすいですね。

■散歩しての使用感

いつもの散歩コースを歩きながら使用感をお伝えしますとケーブルがアミアミの柔らかい線なので取り回しが良い感じです。ケーブルが軽く感じます。タッチノイズも少なくてie100proやie300をこの点は上回ると思います。ただし、今の所線が新しいせいか7~8センチ間隔ですこし屈曲しているんですよね。デザイン的にはマイナスです。使っているうちにストレートになるのかなぁ。デザイン的には黒いケーブルで線が細いie100proがいいですね。ie300のケーブルは若干太くて取り回しがやりにくいです。その為、onsoなどのサードパーティーにするのも良いかと思います。(ただ、現在は他のイヤホンと同じ条件にするため純正を付けています)

付属品です。イヤーピースは純正のままで聴いています。

■ファーストインプレッション

イヤホンはどうもエージングで音が変わるようなのでエージングは10時間以上は行った状態です。歩きながら聴いた感じですが聴き疲れしない、刺激音が少ない感じの音だと思いました。ie100proのような明快な感じではなくie300のような低音が出て高音が色気があるといった個性ではないのですが、聴いているうちに真面目で地味だけど色々良いところが見えてくる(じわじわくる)というのがファーストインプレッションです。

オーディオで売っていこうとすると何か高音がきれいとか個性的(売りがある)にしたくなりますが地味でも売れる、もしくはこういう真面目な音作りでも勝負できるという自信があるのかもしれないと思いました。エージングが進んでもう少し柔らかくて細やかな感じが出るといいかなと思います。最初よりだんだん良くなってきている感じです。

それから低音がie300のように低い所からぐーんと出るような感じではないですが躍動感があるというかぬけがいい感じです。これは何でかなー。先ほども気になったのですがie200って微妙に開放的な感じがあるんですよね。時々、携帯で聴いているのに音が携帯から聞こえてくると勘違いして確認したりしていました。

『ie200さん』それって誉め言葉なんでしょうか。

『manotch』そうそう、何にでも良いところと悪い所があるしそれも個性だと思うな。

『ie200さん』あのー、布団から出てみたらジャージを着ていたのですが・・・。

『mantch』そうそう、それも今流行りのジャージ女子!最先端のテクノロジー!

『ie200さん』何を言っているか分かりませんが、そうなんですね。

『manotch』ie200さんのジャージ姿を見たい方はリクエストしてみよう!!期待しないでね!!

散歩した感じは良いんじゃないかと思いました。ただ、ケーブルのアミアミの癖がちょっときになりますね。使っているうちに無くならないかなぁ。

次回はie100proやie300とスペック比較しながら音の感じをレビューしていきたいと思います。

続きはこちら!

sennheiser ie200のレビュー総集編をまとめ記事にしました!
詳しくはこちら⇒https://audiocolumn.com/manga/1637/

ie200は今、-9%引きですがもうちょっと安くなったら買おうと考えている方は多いでしょうね。

By manotch

■自己紹介 manotch まのっち ■職業 以前、オーディオメーカーで回路設計と音質チューニングにたずさわってきました。現在もエンジニアとして仕事をしています。